アスリートの体調管理は食事から🍽

みなさんはスポーツ栄養学というものを知っていますか?

栄養の分野は臨床栄養などの他にスポーツ栄養学というものがあります。

これは、アスリートが試合本番で、今の自分が持つ最大限の力を出すためにはとっても重要なものなんです。

試合前・試合直前・試合後の食事、減量期・増量期の食事、瞬発系・スタミナ系競技の栄養など、、

食事のタイミング、スポーツ競技によっても
摂取すべき栄養素は少しずつ変わってくるんですね。

例えば、練習・試合後の疲労回復には、①枯渇したエネルギーを補うための『糖質』、②ストレスに対応するための『ビタミンC』を食事から補うことがとても大切になるんです。

…と言っても、どうやって実践していけばいいのかわからないですよね?

料理するにしても、
「どの食材に何の栄養素が入ってるの?」
「どんな食材と組み合わせることで吸収しやすくなるの?」などわからない事がたくさんでてきます。

私は先月「スポーツ飯」という料理教室に参加させていただきました!

ここでは栄養の講義を行なった後、それを本番に役立てられるよう料理で実践していきます。

すぐに実践することで、学んだ事が自分の中にしっかり落としこめるんです。
学んだのに知識を知恵として使う事が出来ないと意味ないですよね?

参加者にはトレーナーや管理栄養士を目指して勉強している人が多く、同じ目線から話も共有できるし、みんなとても楽しそうです^ ^

この料理教室などの活動を通じてアスリートやクラブ選手なども食事に興味を持ってくれると嬉しいですね。

岡村 美佳
美味しく食べるダイエット🍽♡