夏野菜、いいね!

今日は夏野菜について。
中でも「茄子」についてです。

茄子はきゅうりとともに、栄養価が低いから食べても、、、
というような印象がありませんか??
事実他の野菜と比べても、とても高い栄養価を持っているとは言えません。

がしかし!
“夏野菜を侮るなかれ”

茄子が「夏野菜」として言われる所以は、栄養価にあらず。

茄子に皮には、ナスニンというポリフェノールの一種が含まれます。
これはアントシアニン系の色素で、抗酸化力が高く、さらに活性酸素を押さえる力もあります。
さらにさらに、ダイエットしたい人には嬉しい、コレステロールの吸収を抑えるという効果が期待できます。
(コレステロールは、なくてはならないですが、取りすぎも良くありません。)
そして、茄子には、体を冷やしてくれる力もあるとか。

これぞ夏のために存在する野菜ですね!

そしてもう一つ。
茄子にはカリウムが多く含まれています。(可食部100gあたりにカリウムが220g)
カリウムは、細胞などの中の水分調節に欠かせない栄養素で、生命活動に欠かせません。
さらに、ナトリウムを排出する作用もあるので、高血圧の人はカリウムが、あまり取れていないのかもしれませんね。

ダイエットしてる人にも大切で、カリウムは不足することで、筋肉の働きが悪くなるので、筋肉の働きにも大きな影響を与え、エネルギー消費にも大きな影響を与えます。


夏場、汗とともにカリウムも失われるので、夏バテの状態でダイエットしても、思うように効果は得られません。
ダイエットのためにも、「夏野菜」のような季節野菜の存在を見直してみると、より効果が出るかも?!

松村 朋大
現在の体重108キロ!! 今年中に90キロまで痩せます! 身体が痛い、痩せたい、運動習慣つけたい。 お任せください! お家でも出来る事を指導させていただきます!! お待ちしております!