汗かいてカラダスッキリ

ここ最近朝晩涼しくなりましたが日中は相変わらず暑いですね。
家にいるだけ、じっとしてるだけ、身支度しただけ…など。シンプルなことをしているだけでベタベタ汗をかきます。
せっかく化粧もヘアセットもバッチリなのに汗で台無し…
なんてことはありませんか?
私は日常茶飯事です…。

ですが、私達人間が汗をかくことはとてもカラダにいいのです!

では、
汗をかくことによる、よい効果とは?

▶︎デトックス効果
汗をかけばかくほど、体内にたまっている老廃物や毒素が体外に出ていき、デトックス効果が高まります。
私たち人間の体には、毎日生活していると自然と有害物質が生まれます。
有害なミネラルや食品添加物、老廃物といった有害物質は不要なものです。
老廃物・毒素の滞在期間が長くなると、血液を通り様々な臓器に伝わってしまいます。
デトックス効果を高めると体内がキレイになります。

▶︎抵抗力・免疫力アップ
汗をかくことは体調を整える役割を持っています。また、汗をたくさんかいている状態は、体温が上昇し代謝が良くなっている状態です。
体調が整った状態を保ち続けると、ストレスや病気に対する抵抗力や免疫力も自然と身につきます。

▶︎血液サラサラ

血液がドロドロになると脳梗塞や動脈硬化になりやすくなります。汗をかかない人ほど血液がドロドロになっています。汗をかくことは、サラサラの血液につながります。さらに、発汗量が増えれば増えるほど、血行促進効果も高くなります。血液がサラサラになれば動脈硬化のリスクも低くなります。

▶︎体温調節
恒温動物である人間は体温を常に一定にしないと、すべての身体機能は正常に働きません。もし汗をかかないとすれば、熱が身体にこもってしまい人間は死に至ることになります。このように汗は私たちの生命維持に極めて重要な働きをしています。
汗をかくことでこもった熱を外に出し、体温を維持できます。

いかがでしたてしょうか。

次回は【汗のちがい】についてお話しします!
汗をかいて、カラダの中も外も整えていきましょう!

柏木 美佑
管理栄養士 フィットネスダンスインストラクター として日々勉強中です!