ダイエットにも「 ズル 」が必要!?

あなたはスイーツが好きですか?
ダイエット中に好きなスイーツをずっと我慢しているとストレスが溜まる一方ではないでしょうか。
頑張ってダイエットをしているからこそご褒美はあってもいいはずです。

ご褒美があるとないのとではダイエット効果はもちろん日頃の生活にも大幅な差が生まれます。
要は気持ちの問題も大切だということです。

提案させていただくのはこちらです。
週に一回のご褒美dayということで
cheatdayを作ってみてはどうでしょうか。

例えば、好きなケーキを食べ過ぎたのが原因で太ってしまった。

デブデブと言われるのが嫌でダイエットを決意しました。

だが今まで食べてきたスイーツを一切やめることは難しいです。

スイーツを目にするたびに自分との葛藤が始まります。

毎度のことに度重なるストレスで体調を崩してしまいます。

こんなことが度重なって起こってしまいます。

ここで週に一回の【 cheatday 】です!

週に一回、例えば日曜日はなんでも食べてもいい日と設定します。決めた日はとことん好きなものを食べましょう。

cheatdayの次の日からはまた気持ちを入れ替えてダイエットを頑張ればいいのです。

また1週間頑張ったらcheatdayが訪れ大好きなスイーツが食べます。
こう考えるだけで日頃の頑張りは大きく変わってはきませんか?

この1日にたくさん食べたらダイエットしている意味がないと思っていますか?

そういう心配は一切無用です。
ダイエットは長期間で少しずつ身体を作って健康的に体重を落としていくことが良いのです。

短期間で極端な食事制限などで大きく落としてしまうとリバウンドにつながる確率が大幅に上がります。

他にもストレス、肝臓への負担や筋肉量の減少など身体に良くないことが続きます。

それでも「結婚式が近づいている」、「同窓会があと一ヶ月後に迫ってきている」などの理由は短期間でのダイエットは止むを得ない時もあるかもしれません。

その時はそのダイエットが終わってからが肝心になります。

ダイエット終了後にいきなりダイエット前の食事に戻さないことと、短期間で行った筋トレの3倍の筋トレを行うことを特に意識しましょう。

これは劇的な筋肉量の減少を取り戻すために必要になってきます。効率よく質の良い筋トレをしないといけないので専属のトレーナーをつけてのパーソナルトレーニングを行うことができればなお良いでしょう。

このように短期間でのダイエットもできることになりますが大変なのはわかってもらえたでしょうか。

長期的に見ると、過度の食事制限がないことでリバウンドの確率は低く、減量のペースがゆっくりのために身体への負担が少ないです。

だからこそご褒美の日が作れます。

ダイエットはダイエット後にどれだけ成功したスタイルをキープできて体調を崩さないか。
これにかかってくるのではないでしょうか。

この記事を読んであなたも長期的なダイエットを考えてみてはどうでしょうか。

酒井 飛鳥
パーソナルトレーナー。 幼いころからキックボクシングをしていたこともありキックボクシングを広めるために活動中。 CHALCO堺筋本町店 CHALCO兵庫店 を中心に活動中。