貧血には避けたいもの

先日の『貧血』の記事では、貧血を解消するのに鉄分が必要な事、ビタミンCを含む食材と一緒に食べると良い事をご紹介しましたが、

今回はその鉄分の含む食材と一緒に食べない方が良いものについてご紹介します。

もしかすると、普段から一緒に食べているかもしれない程、私達が良く見かけるものに、鉄分の吸収を妨げる成分が含まれています。

では何に含まれているのか・・・

それは紅茶緑茶に含まれています。

それらに含まれている、主に『タンニン』という成分が身体の中で鉄分と結びつくと、吸収しにくくなり、吸収率を下げる働きをします。

その為、貧血の方は食事中や前後すぐに緑茶や紅茶を一緒に飲むのは控えた方が良いです。

ただタンニンは抗酸化作用や風邪防止など殺菌作用を持つ、健康にはとても良いものです。

なので飲まれるなら食事の前後3時間ほど経ってから飲む事を進めます。

禁止するのではなく、どうやったら大丈夫なのか。何事も工夫が大切ですね。

 

北野 敦也
CHALCO長居店を中心に活動している。柔道整復師の資格を取得し、身体の不調に対してボディケアを行う。またランニングに特化しランナーのケガの防止、タイムの向上に努めている。