何気に使っている怖い道具①

 

私たちが普段よく使う道具の中には、実は健康に害がある可能性のあるとても怖い道具が潜んでいることがあります。

 

  • 日本人なら必ず使うもの
  • 誰もが口に運んでいるもの
  • 使い捨てで便利なもの

 

 

何かわかりましたか?

 

それは、

「割りばし」

 

 

でも、その割りばしが腐っているところって見たことありますか?

見たことありませんよね。割りばしの原料は木材なので腐らないということはありません。

 

でも、木は腐るものですよね。
どうして割り箸は腐らないと思いますか?

 

 

これは、「漂白剤」「防カビ剤」を使用しているからです。

 

 

これらの薬品が身体に影響が無ければよいのですが、実際は割りばしを使うことによって知らず知らずの内に、体内に取り込んでいるのです。

 

例えば、コンビニや外食でラーメンを食べる時に割りばしがスープに触れると、そこから薬品がスープに溶け出します。ラーメンに限らず、割り箸を使用して食事をすることで、こうした影響があります。

 

ある実験では、金魚鉢に割りばしを入れると金魚が死んでしまいました。

これは、水中に薬品が溶け出したことに加え、動物を殺してしまう薬品が含まれていることがわかります。

 

割りばしが絶対にダメというわけではありません。
しかし、すぐに身体に影響が出るわけではありませんが、割りばしを使う機会が多いなと感じた方。

 

自分のことを考えて、健康のことを考えて、
”マイ箸”を持ち歩くようにしてみてはいかがでしょうか?