見えない形の美容ケアの正体

みなさんは、美容のために何をしていますか?

・毎日の洗顔や化粧水、乳液での肌ケア

・顔パックや美顔器で保湿

・高級化粧品の利用

などなど

見える形のケアをしてる方が大半です。

 

では、逆に見えない形のケアは何だと思いますか?

実はこれが一番大事です!

栄養

つまり………

普段の食事です!

 

【美容のための栄養素】

「タンパク質」「脂質」「炭水化物」「ビタミン」「ミネラル」のバランスのとれた食事がポイントになります。

私たちのカラダは食べた物からつくられています。

【それぞれの役割】

「タンパク質」は皮膚や髪、爪を作り、体をつくる材料です。

「脂質」は女性ホルモンの材料であり、皮膚表面の保水性を保っています。

「炭水化物」はエネルギー源となり、生命を維持するために必要です。

ここまでを三大栄養素といいます。

そこに「ビタミン」と「ミネラル」が加わると五大栄養素と呼ばれます。

カラダの代謝機能の活性化や調子を整えます。

皮膚や髪などの細胞は、これら5つの栄養素が作用し合って再生を繰り返します。

 

つまり、

毎日の食事からとる栄養が一番の美容ケアになります。

カラダの中で消化吸収され肌や髪ターンオーバーされる、まさに目には見えない形のケアですね!

まずはしっかり食べて元気な細胞を作り、美肌を目指していきましょう!

柏木 美佑
管理栄養士 フィットネスダンスインストラクター として日々勉強中です!