美白肌は日焼け止めと○○

これから日焼け止めを持ち歩く事が多くなるだろう。

クリームタイプ、スプレータイプ、シートタイプなど沢山の種類が出ているなか美白肌はどうやって保たれるのだろうか?

 

日焼けは「紫外線」が関係する。UV-A、UV-Bというものだ。

UV-Aは紫外線の90%を閉め、弱力ながらも皮膚の奥に蓄積し、後のシミ、シワそばかすに影響する。

UV-Bは10%ほどしかないが、強力なため皮膚表面を焼く。
日焼けの時に赤くなるのはこのためだ。

紫外線はなにも皮膚だけではない。
『目』は紫外線により大きな影響を受けている。
日焼け時には目の充血、涙が出るなどはもちろんのこと、紫外線の影響は白内障等の目の疾患にも関わっている。

目が紫外線の影響を受けると目の細胞に炎症がおき、その情報は脳へと伝達し、脳はさらにメラニン色素を作り皮膚を守ろうとする。
その結果、目に紫外線が当たると、皮膚も黒くなるのだ。

美白肌をてにいれたいのなら、日焼け止めクリームを使う事と「UVカット」のサングラスを着用することが鍵となってくる。

和田 忠士
身体を動かすのは好きだが、筋トレなどトレーニングは好きではない。(^^;; そして、食べることが好き!! トレーニングが苦手な人の気持ちがわかります。 自分一人で継続できない人が来て下さい! お米を食べてダイエットしましょう!からだケアは和田だけのプラン!ストレッチ、運動、鍼灸で、体も元気にします!