なんで頭痛になるのでしょうか?

前回は片頭痛について書かせていただきました。

今回は群発性頭痛について。
みなさん群発性頭痛って聞いたことありますか?
病院で診断されたり、勉強している人なら聞いたことあるかもしれません。

群発性頭痛とは病気が原因ではない頭痛の中で一番痛みが強い頭痛と言われています。
20〜40代の男性に多く、目の後ろを通る内頸動脈が拡張し炎症を起こす事が原因の一つと言われています。
男性に多いのも、喫煙者、アルコール摂取者が多い事が理由に上がります。

 

特徴的なのが、1〜2ヶ月ほど続き、1時間前後で症状が繰り返されることです。
特に片側の目の奥が痛くなることが多く、夜中に痛くなることが多いので、激痛で起こされて寝不足になり、2次的に生活習慣が
乱れやすい頭痛です。

そのため、寝る前に投薬して、睡眠を確保する方法が取られます。

この頭痛は、病院に行けば、純度100%の酸素を吸入することが出来ます。
酸素を吸入する事で痛みが和らぐのでこの方法が取られることが多いです。

対処としては、他の頭痛とは違い激しい痛みが伴うので、まず病院に行き、ちゃんとした診断を貰うことが第1です。

その後医師の指導を元に、正しい治療を行いましょう。

予防としては、内頸動脈が拡張する事で起こりやすいという事なので、
まず、原因の一部でもある、喫煙、アルコールの摂取を抑えましょう。

次に食事習慣を見直します。

塩分の多い食事ばかりしていませんか?
塩分が多いと体内から水分がどんどん出て行き、脱水状態になってしまうと、血液中の水分もなくなってしまうので、血圧は高くなります。
アルコール摂取が多い人も、アルコールによる利尿作用で水分が体内から出て行くことで、血圧が上がってしまうんですね。

そして血液だけでなく、血管、それからその周りに存在する筋肉・脂肪もしっかりコントロールしていきましょう。

なんでも構いません。
まず運動習慣をつける事。

運動習慣をつけたければ、近くのジムに週1回でも行くことから始めましょう。

自分を守るのは自分ですからね。

CHALCO兵庫
パーソナルトレーナー
松村朋大

松村 朋大
過去には、半月板損傷や腰椎椎間板ヘルニアを患い、今では両方とも完治。過去の経験から、このように傷害に苦しむ人たちを少しでも楽にさせてあげたいと活動中膝、肩、腰に痛みや悩みを抱えている人はお問い合わせください