意外と気にしていない人多いかも…

最近巷でよく見かける。
「ミネラル」
ミネラルウォーター、ミネラルコスメなど。

ミネラルは体にいいものである。

だけどミネラルって何?と聞かれて、ちゃんと答えられる人は案外少ない。

ミネラルとは、
炭素、水素、窒素、酸素以外の必須元素。
無機質・灰分とも言う。
糖質、脂質、蛋白質、ビタミンと並ぶ五大栄養素の一つとして数えられる。

日本では、13元素(書くと長くなるので、是非調べてください!)が健康になる上で、食事から摂取する基準の対象として、厚生労働省が定めています。

とあります。

ミネラルは必須アミノ酸同様、人間の体内で作ることは出来ないもので、毎日の食事から摂取する必要があるということです。

普段よく耳にする「ミネラル」。
実は「ミネラル」は人間の体の中dえ占める割合は僅か4%です。
でもこのたった4%のミネラルが不足してしまうと、人間の生活に支障が出てしまいます。

ミネラルが不足すると引き起こされる、疾患としては有名なものとして、「骨粗鬆症」、「貧血」、「筋無力症」、「不整脈」、などが挙げられます。

いくらダイエットをしようと、食事制限をして、運動をたくさん、満足するまでやったとしても、ミネラルをはじめとする栄養が足りていないと、体は自分を守ろうとし、様々な危険信号を発します。

危険信号が発してしまってからでは、遅いです。

癌を早期発見するように、いつも自分の体の調子に気を配り、無理をしないようにする事。

ミネラルはあらゆる食品に含まれています。
それは、ミネラルはあらゆる生き物が生きていく上で、
必ず必要になるものであるから。

ミネラルが不足するということは、化学調味料の摂り過ぎであるということ。
自然由来のものを食べれていないということになります。

 

ミネラルは三大栄養素を効率よく体内ではたらかせることに必要で、ミネラルが不足することは体の機能を低下させることになります。

なぜ不足するのか。
運動した後にちゃんと塩分補給していますか?
お酒飲み過ぎていませんか?
ちゃんと野菜もバランスよく食べれていますか?

ミネラルは体内のあらゆる働きで利用される為、不足しがちになります。
つまり、一食朝だけでも、痩せたいがために抜いてしまうという事は、次の食事まで必要なミネラルが補給されないということになります。
つまり、体の機能で利用できるミネラルが少ない状態に陥り、体の中で化学反応を起こさなくなり、結果として、体温が低くなり代謝が落ちたり、運動しているのにうまくエネルギーを使えないためになかなか痩せない。
といった負のスパイラルに陥ります。

このような事から、食事を抜く、極端に減らすといった行動は、なんの特にもならない事は証明されます。
もちろん食べ過ぎの方は減らしてくださいね!!

 

あなたはちゃんとバランスよく食事できていますか?
あなたはちゃんと食事と運動のバランス取れていますか?

今一度ご自身に問いかけて、よりよい生活・体を作って生きましょう。

松村 朋大
過去には、半月板損傷や腰椎椎間板ヘルニアを患い、今では両方とも完治。過去の経験から、このように傷害に苦しむ人たちを少しでも楽にさせてあげたいと活動中膝、肩、腰に痛みや悩みを抱えている人はお問い合わせください