睡眠に気を遣えていますか?

少し前から睡眠について、
「睡眠のゴールデンタイムは22〜2時」
という一般常識があります。

最近これは全くの嘘である。
ということも言われています。

しかし、全くの嘘でも無いんですね。

見ている観点から嘘でも有り、嘘でも無い。

難しいですね。
説明していきましょう。

まず嘘であるという理由について。
睡眠のゴールデンタイムは22〜2時であり、この時間に成長ホルモンがたくさん分泌される為、疲労回復などに絶大な効果を発揮する。
ということに対して、嘘であると言っています。
どういうことなのか、、、

成長ホルモンなどのホルモンは実は睡眠をとるタイミング(22〜2時に寝るなど)には依存せず、睡眠の質と深さに依存するということが言われています。
つまり、22〜2時でなくても、成長ホルモンはちゃんと睡眠の質と深さが良いものであれば、分泌されて、ちゃんと体内で働いてくれます。
ということは22〜2時に寝なければホルモンは分泌されないという定説は否定されることになり、嘘であると言えます。

では嘘では無いというのはどうでしょう、、、

まず前提として、3時間以上の睡眠をとる事で成長ホルモンが分泌されやすくなるというものとして考えていきます。

会社に勤めておられる方で考えてみましょう。

朝8時に出勤。
出勤には1時間かかるとします。
この人の場合だと朝は7時までに家を出なければなりません。

7時に家を出るには、準備などで1時間(人によって準備の時間は違うので、ぜひご自身の時間を計算してください。)かけるとします。
となると、この人は遅くとも6時には起きる必要があります。

ということは、睡眠を3時間以上取ることホルモンの分泌を促進してくれるということがあることと、睡眠のリズムが一般的に1.5時間周期(個人差があるので、1番良いサイクルを探しましょう)で考えると良いということを参考にすると、、、

4.5時間or6時間となります。

6時に起きるためには、0〜2時には寝ておかないとリズムが整わないこと。
朝日を浴びることで体内リズムがリセットされることを考えると、男女関係なく、体内の潜在的感覚を整えることは健康に大きな影響を与えるので、やらない理由は無いです。


つまり22〜2時の間に寝るというのは、ゴールデンタイムとして捉えても問題はなく、嘘では無いと言えるということです。

つまり、やらなければいけない事は
・自分の睡眠リズムを見つける事
・朝日を目が覚めてから毎日浴びる事
・朝起きる時間から逆算して寝る時間を設定する事
・床やコタツ、ソファーなどの睡眠環境の悪いところでは寝ずに、気持ちいい布団やベットで寝る事
・体を冷やして寝ないように、寝る前に白湯などを飲んで、体内の温度を少しあげる事

この5つをまず徹底する事で、睡眠による体の管理を徹底しましょう。


どれも難しいものでは無いので、皆さん出来るはず。

睡眠によって体調をしっかり管理できれば、仕事や運動が楽しくなすはず。
いい意味でしっかり疲れて、寝るときは爆睡して、目が覚めたら朝日を浴びる。
こんな気持ち位日常を繰り返していけば、理想の体を手に入れられる日が近づくかも??

松村 朋大
過去には、半月板損傷や腰椎椎間板ヘルニアを患い、今では両方とも完治。過去の経験から、このように傷害に苦しむ人たちを少しでも楽にさせてあげたいと活動中膝、肩、腰に痛みや悩みを抱えている人はお問い合わせください